めっちゃ釣れるぜ! ピンクのメタルジグ

ビッグバッカージグ タックル・装備

こんにちは。TAKASEAです。

今回はメタルジグ好きの私がどうしてメタルジグ、それもピンクのジグに絶対の信頼を寄せるのか。それについてお話していきたいと思います。

ショアジギングとの衝撃の出会い

自己紹介にも書きましたが、サビキ釣りから海釣りを始めました。

アジを釣りたいと茨城県内のいろんな釣り場を北へ南へ。

どうやら鹿島港でアジは釣れるらしいというのを聞きつけて、鹿島港魚釣園に行ってみました。

今思えば、その時は青物が良い年だったのだと思いますが、釣りを始めたばかりでサビキ釣りなのに沈黙している竿先を見つめる俺。そして、その周囲でイナダがバンバン釣れているのを目の当たりにしたとき『俺のやりたい釣りはこれだ~~!!!』っと。

衝撃を受けた私は初心者向けライトショアジギSetを購入して青物が釣れるらしいという噂の漁港の堤防に早速釣りに行きます。

何も知らない。道具もSetに入っている最低限。開始から30分ほどでメタルジグがなくなり、簡単リーダーというノットを組めない人向けのアイテムもなくなり。釣りにならず、無力感に包まれて家に帰りました。

何とかノットを組めるようになり、釣り場の情報をネットで集め始め各地の漁港をうろうろする日々。

メタルジグを投げるもなにも釣れず、アタリもない。『こんなもんで魚釣れんのかよ…。』って思ってました。そして、どうやらリスクが高く難易度高めらしいけど、釣果情報の中でも別格に釣れるらしい鹿島灘のヘッドランドというところに行くことに。

ですが季節は冬。今度はヘッドランドへの道を探し、ヘッドランドでジグを投げるだけの日々。

『ただの色付き金属だろ…。こりゃ釣れねーよ』

メタルジグを疑い始めて、メタルバイブ、ミノー等、他のルアーを買い増す日々。対象魚も青物を釣りたかったはずが、釣れれば何でもいいや…。と段々変わっていきました。もはや鹿島灘の魚は絶滅したのかも…とさえ思っていました。

ショアジギロッドを買って1年近くたっていました。

季節は夏になり、投げサビキにメタルバイブをつけて鹿島港魚釣園で、小さなワカシが1匹だけ釣れました。青物が釣れることもあるんだと思いました。

ほとんど青物を釣るのを諦めかけていた時期でした。

でも釣れることもあるのかもしれないと思った私は、ヘッドランドに行ってみました。ヘッドランドから投げるとやっぱりメタルジグがよく飛ぶ。でも釣れない。

第2の衝撃

まったく釣れない俺はふと周りを見渡しました。すると釣っちゃあリリース、釣っちゃあリリースしているお方が!!!邪魔にならない程度に近くによって真似をしてみます。

それまでは全力でシャクっていました。この時、竿の先端の振り幅40cm位のフワッとしたワンピッチジャークで釣れるということを学びました。

真似してみました。でも、やっぱり釣れない…。

私はついに、そのお方の近くまで歩み寄ってお願いしました。

「お邪魔してすみません。もしよかったら釣り方を教えてくれませんか?お願いします。」っと。

そのお方は丁寧にヘッドランドでの釣り方を教えてくれました。

ロッドアクションは先ほど見て真似ていましたが、その他にも7回くらいシャクったら底を取ってまた繰り返しとか、ヘッドランドでの立ち位置はど真ん中より左右どちらかにズレた沖向きの位置。メタルジグは8月頃はピンクが良くて、季節が進んだらブルピンとかが良いかな。とか、鹿島灘では30~40gが使いやすいよ。等々。

その時、そのお方が使っていたジグが、ピンクと紫で片面にだけグローストライプという印象的なジグ。

その日は結局釣ることができませんでしたが、数日後に教えてもらったことをやってみました。すると初めて35cmくらいのワカシを釣ることができました。

その時のジグはジグパラTG_40gピンク。

ついに見つけた!「ジャッカル_ビッグバッカージグ_グローピンク&パープル/レンズホロ」

インターネットでジグの特徴を入れて検索していくと『これだ~!』必死で名前を覚え、速攻で釣具屋へ行くけれどなかなか見つからない…。家からは結構遠いので時間がかかるけど、やっぱりほしい。何件も釣具屋を回ってみました。

実店舗で見つけられず、ネットならと思いつき、Amazonで見つけてやっと購入できた時は、本当にうれしくてAmazonに感謝さえしてしまいました。まさにエクスカリバーを手に入れた気分でした。

それからは先発だったり、シブいときだったり、いろいろな場面で使いました。後方重心のため向い風でも、よく飛ぶし使い勝手はすこぶるいい。そしてよく釣れました。

すると私のほうにも変化があって、このジグの使い心地で潮の流れが感じ取れるようになってきました。潮の流れを感じるようになってからは、さらに釣果が上がったように感じます。

前回も風向きが微妙で、潮もあんまり動いていない状況でも1匹を引き出してくれた。このジグだから釣れたと感じています。

今では最も釣れるルアーはメタルジグ。最も釣れるカラーはピンク。なのでは!?と思っています。

ビッグバッカージグ
これがエクスカリバー「ビッグバッカージグ_グローピンク&パープル/レンズホロ」です。

まとめ(ピンクのメタルジグを信頼する理由)

  1. ”ただの色付き金属”と思っていたのに、めちゃくちゃ釣れているのを目の当たりにした。
  2. 使い込んでいくうちに、シャクったり、フォールで使ったり、ただ巻きでも釣れる経験をすると、様々な誘いができることに気付いた。
  3. 飛距離が他のルアーに比べて圧倒的に飛ぶ。
  4. 青物の釣り方を教えてくれた圧倒的に釣りのうまい方が使っていたジグがピンクだった。
  5. 初めて青物を釣ったジグの色がピンクだった。
  6. ピンクのメタルジグでたくさん魚を釣ることができている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました