決戦は金曜日!アルクスポンド宇都宮でナイトゲーム_その2_2021/11/5

ルアー釣り

こんにちは。TAKASEAです!

今回は、前回も行ったアルクスポンド宇都宮で17時から3時間釣りをしてきました。

そして1人ではなく釣りについて色んなアドバイスをくれる後輩TSK君と行くことに。さらに先輩のSTMさんも来るとのこと。

夕まづめから釣り開始

管理棟で3時間(2500円)の申し込みと1.2gのグローのスプーン(500円)を買いました。

先に着いているTSK君を見つけると隣に入れたのでそこで始めます。

前回よりも早めに釣りを始められたので、薄明かりの残った時間から釣り始めます。

先ずは買ったばかりのグローから行くとバンバンアタリます。

そして活性も高いのか、周囲が釣れ始めると私ものせることができました。

隣ではTSK君が釣りまくってます。「黒グロー最高です!」とか言ってやがります。会社では勝負する話になってましたが、これじゃあヤバいな〜って感じです。

ある程度、パターンを掴んだら仕切り直して勝負開始の予定なんですよね。

そんな事を考えつつ、そういえば駆け上がりが良かったな〜…、なんて駆け上がりでフォールさせるとゴンっと深いバイトがありしっかりと合わせると、フッと嫌な感触…。どうやらドラグを強く締めていたのでリーダーが歯に当たって切れたみたいです。くぅ〜…、500円が!そして、マスさんごめんなさい。

気を取り直してスナップを付けようとしますが、何故かスプールに巻き取られたPEラインが絡まっている。解そうにも解れないので、それっぽい糸を切ってなんとかほぐし、リーダーを組んで釣りを再開。

黒スプーンで何匹か釣ると、なかなか釣れなくなってきました。

こうなったら、もう一個グロースプーン購入です!

そんなこんなしてるうちにSTMさんが来たようでTSK君が様子見に行きました。

戻って来ると、「STMさんの方、空いてて良さそうですよ」との事で移動することに。

勝負開始

STMさんの隣に2人並んで釣りを再開することに。そしてこのタイミングで仕切り直して勝負開始です。

私もTSK君も開始1投目で早速釣ります!

そして2人とも2匹目、3匹目とほぼ入れ食い。ここ迄は良い勝負な雰囲気出てました…。

私にアタリが無くなった頃、隣でTSK君は安定してドラグを鳴らし魚を釣ってます。

あっという間に8匹目まで釣果を重ねてます。俺はなんとか4匹目を釣ったところです…。

そのあとはスプーンをローテーションすると2〜3回はアタリがありますが釣れないまま時間が過ぎて行きます。

その間もTSK君は安定して釣っています。

キリキリキリっとドラグを鳴らしスピニングタックルで。

あれっ、静かだなと思って横を向くと静かにベイトタックルを弓形に曲げている…。

結果は…

私が時間内に釣ったのは4匹だけ。夕マヅメの時間に釣ったのを含めても9匹。

TSK君に何匹釣ったか聞くと、「30位じゃないですか〜w」

完敗でした‼︎

悔しいとかいうレベルではなく完全に次元が違いました。気持ちよくコーヒーを奢ってやりましたよ。

今回の反省

今回も前回同様にアタリがあってもかけられないというのが、かなりの数ありました。

TSK君の釣果を考えてみると、私がかけられない様なアタリもかけているのでしょう。完全にウデの差です。

今回5セット持ってきていたタックルも完全に感度重視のかけセッティングと言っていましたし、振らせてくれたベイトロッドもアジングロッドもパリッとした張りのあるロッドでした。

それに対して、私のタックルをTSK君に使ってもらった感想を聞くと”先重りを感じるし、のせ調子のタックル”との事。TSK君の好みとは真逆のようです。

TSK君の言っていることは、私も同感です。確かにテーパーがエクストラファーストでソリッド部分がすごく柔らかいのでかけ難い。先重りは私が使っているタックル全般、ロッドの長さを重視しているため、先重りする組み合わせになっているので、それほど気になっていなかったんですが、積極的にフッキングする様な、かける動きに対しては不利に働くと思います。

でも、このロッド好きなんですよね。初めて尺メバルを釣ったのも、このロッドでした。なんとか、小さなアタリをかけられる様に作戦を考えてみたいと思います。

因みに黒グローのスプーンもさっそく買っちゃいましたよ。w

ではでは、また。最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました