メバリング_20220212

ルアー釣り

こんにちは。TAKASEAです。

金曜日までの波予報より土曜日になると波が落ち着いて来たようなのでギリギリでメバル狙いでいけるかなと思い準備していると、SWDさんから「時間ができたんで行きます」とラインがきました。

そんな訳で前回に続き今回もSWDさんとの釣行です。

今回もポイントAに行ってみます。

子供を寝かして家を出たのが21時を過ぎていました。釣り場に入ったのは23時くらいでした。

今日の先発は

前回はプラッギングで狙ったんですが、まだ活性が高くないのか1匹のみでした。その反面、SWDさんはワームで2匹釣っていました。(下記に前回のメバリングのリンクを貼っておきます。)

2022年の釣り初め
こんにちは!TAKASEAです!やっと釣れましたよ〜!長かった〜!笑今年に入って釣りに行ったのは7回、去年の年末のボウズも合わせると9回になります。そして今年の8回目の釣行でやっと釣れました。今回はそんな感じの嬉し...

なので今回はワームでやってみようと思いました。

この日の潮汐と波はこんな感じ

波が割とあります。ここのポイントは無理をしなければ予報で波高1.8mくらいまでなら釣りができます。

もちろん、もう少し波が穏やかな方がメバルは釣りやすいですけどね。

波高があるので少しレンジを入れたほうがいいかと思いジグヘッドは1.4gにしました。

そしてワームは信頼のガルプ サンドワーム2インチ!

このガルプはTKD君が私の誕生日にくれたものです。笑

釣り場に着くと

釣りをしているのはSWDさんだけでした。SWDさんは先に入ってましたが、まだアタリも無いと言ってました。

SWDさんが入っているところは以前、数釣りできた所です。

なので私は昨シーズンに良型が釣れたところから始めようと思います。

キャストしてカウントせずにリールハンドルを1回転1秒くらいのスピードで巻いていきます。

1投目、2投目とコースをずらしながら投げては巻いていきます。

そして3投目、丁寧に巻いてくると、クッと海藻に触ったようなアタリ…。

反射的に合わせます。

ググッと引きますが、波が入ってきてスーとテンションが抜けます。『ヤバイ!』と思って、できるだけ速く巻きます。波が抜けるとグググッと。『まだ付いてる、良かった〜。』とホッとしました。

そんなに大きくないので抜き上げます。

18cm位の模様が綺麗な子でした。笑

小さいのでリリースして同じコースを通すと、クッとアタリがありましたが、合わせるとワームがズレて返ってきました。

フックに触った感じがなかったので、『もう少しスローに引けば釣れるな〜』と思って次は、ゆっっくり巻いてみました。すると、グッときました…。根がかりです。外そうとしたんですが、思わず合わせてしまったので外れません。

過去に海藻が多い所でメバリングしていて、海藻が触っただけだと思ったら実はメバルで、ちゃんとフッキングしていないのでバラしてしまうという事が何度かありました。シラスとかを食べてるメバルは割とアタリがはっきりしているんですが、ヒメハマトビムシとか虫ばかり食べていた個体はアタリがモソッとした感じのことが多いです。食べてる物が小さく軽いので吸い込みも弱いのでしょう。

結局、根がかりを外せずラインが切れてしまいました。リーダーを組み直して同じ所を注意して引いてみると、結構シモリがあるのが分かりました。『この根にデカイメバルはついてるのね〜』と納得しちゃいました。

そんなこと考えながら巻いていくと、キャスト前の垂らしの長さを見誤って、トップガイドにスナップが当たってしまいました。ラインテンションがかかった状態でベイルアームを起こし垂らしを出してキャスト…?したつもりが変です。

ライトをつけて見てみるとメインラインがリールのところで切れています。『??』

変だけど高切れかと思って、リーダーを組み直すことに。

ラインが切れた原因は

時間は翌0:30を過ぎた頃、SWDさんは先に帰るとのこと、俺もノットを組んだらポイントを移動することにしました。潮位も上がってきたので波飛沫がかかる感じになってきちゃったというのもあります。濡れると寒さが倍増しますしね。笑

車に戻る途中、本当に高切れか考えていて、他にも思い当たることがありました。

それは、先日の釣行でついたキズです。

普通に使ってラインが触るところの傷は修正したんですがベイルアームのラインローラーとワイヤーの間の部分のメッキにバリが出ていたんです。

スナップがトップガイドに当たってラインテンションがかかった状態でベイルアームを返したのでラインをエッジで擦ってしまった事が原因だったのです。たぶん。

コレは車に戻ってすぐに100均のダイヤモンドシャープナーで削った後の写真です。

ラインメンディングに注意すればラインが触れる部分ではないので、そのままにしてしまったのが失敗でした。

バリが出てるくらいならバリとなって浮いているメッキを削り取った方が実害はないはずです。

その後、ポイントを移動して使ってみましたが問題なく使えました。原因不明のラインカットもありませんでした。

まとめ

1月や2月のメバリングは渋い!

わかってる事ですけどね。笑

活性が低い時はメバルの目の前にルアーを通す感じで、できるだけ丁寧に扇状に探り、レンジも探る。

こういう釣りをやりやすいのはジグ単ですかね。プラグはレンジキープしやすい代わりに、レンジを探ったりは苦手です。シンペンでも探れると思いますが、浮き上がりが早いのが多いので深場を攻めるのは待ちが多くなります。やっぱりジグ単です。

ここを乗り切ればもうすぐ暖かくなりますね。早く海の状況が良くなってほしいです。

反省はもう一点、転倒でリールをキズつけてしまいバリが出ている状態のまま使ってしまった事。ラインが常に触れているわけではないので、完全に油断してましたね。笑

修正は最優先で行った方が、あとあとトラブらないで済みそうです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。渋いの分かってても、また行っちゃうんですよね、お互い頑張りましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。ではでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました