スペーサーラインシステムを2年使ってみて感じる事

ショアジギング

こんにちは。TAKASEAです。

今回はスペーサーラインシステムを使って約2年たった現在、どう感じているのか、最近の釣行時にスペーサーラインシステムの特徴を顕著に感じた出来事があったので、そのエピソードもあわせて書いていきたいと思います。

以前書いたスペーサーラインシステムがどういうものか説明した記事はこちら↓

スペーサーラインシステムを1シーズン(というか丸1年)使ってみて感じたこと
こんにちは。TAKASEAです。今回は私がなぜスペーサーラインシステムを使うのか。スペーサーラインシステムとは、どんなものなのか。使ってみてのメリット、デメリットなど、実体験から説明していきたいと思います。スペーサ...

①2021/11/15のショアジギング

この日は鹿島にショアジギングに行ってきました。結論から書くとボウズだったんですが楽しく釣行できました。…強がりじゃなくて本当ですよ。w

この日はアングラーズ友達のBBさんやPYNNさんと現地で会うことに。そして現地に着くと予想外にコメントのやり取りをしたことのあるNGYさんにも会えました!

そんな嬉しい事もありましたが、この日はなかなかに渋く、離岸流の流れの先辺りに投げることができるポイントでやってる2人だけがポツポツとイナダを釣っている状態でした。

PYNNさんが朝のうちにワカシと、私が帰るちょっと前に60cmのヒラメを釣りましたけどね。それ以外は釣れてない感じでした。

私も色々とポイントをウロウロしながらやってると沖のかなり遠いポイントに北から南へ底潮が流れてるポイントを見つけました。45gのムーチョルチアを思いっきり遠投です。そして底をとって3回くらいシャクったところでガツっとしたアタリ!内心ヨッシャーと思った瞬間、フッと軽くなりました???なんで?

アタリの感触は多分イナダ、サイズは40cm台後半かなという感じ。

糸を巻いていくとメインラインが切れてます…。普通ならこんなところで切れません。

実はこの日は暗いうちに準備をして釣り始めたので第一ガイドにラインを通してないという痛恨のミスをしたまま数時間キャストとリトリーブを繰り返してたんですよね。汗

アタリがある少し前に気付いて通し直したんですがガイドのリングを通していなかった時のダメージがあったんでしょう。痛恨のミスです!

このあとはメインラインをよく見ると毛羽だっていたのもあり、スペーサーとリーダーを組み直すのは諦め、PE2号を巻いてあるリールを使用して釣りを続けました。

ですがPE2号にしてのキャストでは底潮が流れているポイントまでジグは届きませんでした…。

その後はアタリもなくボウズでした。

②2021/11/24のショアジギング

この日は鉾田に久しぶりに行きました。

朝一でシラスがスレがかりしてきたのでベイトもいるようです。明るくなってくるとボイルが出はじめます。

これは楽勝かとジグを投げますが掛かりません。ん?これはマイクロベイトパターンかな?ティンセル付きアシストフックを付けたジグを投げるとアタリますがのりません…。

じゃあ、ジグを小さくするかと、TGベイト20gにしますがかかりません。そして数投目のキャストで、パチンって音と共に飛んで行きました。泣

ジグが軽いせいでラインの巻きが緩く不均一だったのでしょう。ゴソッとラインが出てガイドに絡みスペーサーの結束部が切れていました。

PE2.5号の結束部分が切れている。

このあとはスペーサーを組み直すのが面倒なのとボイルしているポイントが近いためPE2号を組んだ予備リールで釣りを続けました。

結局ボイルの犯人はコノシロでした。

ティンセルを突いたアタリに合わせて口周りに掛けるという釣り方で釣れました。

この時のライントラブルも私のミスといえばその通りです。

私が愛用しているロッドの推奨キャストウェイトは60±20gというもの。確かに20gでも投げれますし巻き取る事も出来ますが、投げる時にロッドを曲げ難いのでラインの放出が一定になり難く、巻き取る時もロッドが曲がらないのでスプールへの巻き付けが不均一になりがちです。これらの併せ技で、本来でない下側のラインも出てしまいライントラブルが起こったんだと思います。

キャストもふんわり投げるとか、丁寧にキャストすればこんなトラブルは防ぐこともできたと思います。

これらの事からわかる事

  • 飛距離はやっぱり別格に飛ぶ。そしてその距離じゃないと遭遇できない魚がいる時もある。
  • ミスをした時にライントラブルが起こりやすくなる。
  • ライントラブル時に高確率で復帰できずにラインが切れリーダーやスペーサーを組み直さなきゃならなくなる。

このような特徴が浮き出てきます。

ただライントラブルの元になるようなミスをしなければ長く使っても問題無いのは確認しています。

焦ったり動作が雑になったりすると良くないですね。久しぶりの釣行は気をつけるべきだと反省しています。

じゃあスペーサーライン続けるの?やめるの?

結論から書くと、使い続けます‼︎

今年は全然釣れてませんがイナダクラスは問題ない事は分かっています。そしてワラサの情報を聞いて11/30にも行ったんですがボウズでした。

なかなか遭遇出来ないので、大丈夫かどうかよりも遭遇率を上げるための飛距離の方が重要だと感じます。それに単純にメタルジグがよく飛ぶのは気持ちいいです。

そしてアイキャッチ画像にも使ってますがメインラインのPE0.8号を海外モノから国産品に300m撒き直しました!(下巻きの200mはそのまま海外モノですがw)

この前のミスで毛羽立っちゃったんで…。w

キャスティング水戸店で300mが2800円位でした。

使った感じは国産品の方が明らかに強度が出ていますね。安心感が増しましたw

というわけで今後も使っていくつもりです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ではでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました