イナダ祭りのあと…。_2020/10/30

ショアジギング

こんにちは。TAKASEAです。

今日は一昨日のイナダ祭りが忘れられず同じポイントの鹿島灘へ、朝まずめから昼にかけてショアジギングに。

2匹目のドジョウは取れたのか…。

5:30am目覚ましが鳴る。朝まずめに釣行する日は、前夜に現地いりして車内で仮眠をします。寝ぼけながら車の外に這い出すと外には他にも3,4台の車がある。ショアジギ ハイシーズンの時期は平日でも珍しくない。

前回は目の前に鳥山が立っていたが、そんなうまい話は毎回あるわけでもなく、まだ薄暗い中、急いで準備してヘッドランドに急ぐ。

準備しながら波の様子をうかがう。波の予報は、0.8m 。高くはないけど、この時期は注意が必要。うねりがあって何回かに一回、高めの波が来る。それは1時間に一回かもしれないけれど。

まずは青物狙いで

ファーストキャストは、DUOのドラッグメタル キャスト スリム 40g、カラーはピンク ゴールド グロー。潮は北から南に流れている。曇っているが雰囲気は悪くはないんだけど、しばらく投げ続けてもアタリもない。シーバスもしくはヒラメに狙いを変えて底やテトラ際を探るも反応なし。

そうこうしているうちに潮目がキャスト範囲に入ってきたので、ロングキャストで潮目の奥へ。底まで落としてワンピッチジャークを2,3回入れるとゴンとヒット。『キター!』引き具合はまあまあの感じ。斜めに投げてのヒットなのでテトラに擦れないように気を付けて抜きあげると50cm弱のイナダ。

『ヨシッ、連発でいこうか!』と思ったものの続かない…。立ち位置を変え離岸流の先端を狙ってみるとゴゴンとヒット。『やっぱりイター!』とウキウキしながら巻き巻きして、足元まで寄せると波でテトラに押し込まれリーダーが擦れる「キリキリ…」という音を聞きながら堪える。掛けた位置が厳しい。でも冷静に波が引くタイミングでテトラから沖側に引き出して抜き上げ無事にゲット。やっぱりリーダーはフロロ30lbだと安心感が違うね。

人生最大の魚

その後もやっぱり続かない。気分を変えてさらに沖を探るためにメジャークラフトのジグパラTG 50g,カラーはゼブラグローで遠投。そして表層を引いてくると足元でギラっと何かがバイト。『キター!…でも何?』と思いながら抜きあげてみると長い!『太刀魚か!?』よく見るとボディだけじゃなく口も長い…。ダツなのか!?多分。メジャーで測ってみると86cm。過去最大の魚。そしてこれの更新は難しそう…。釣り上げたことのある最大の魚がダツって…微妙。

この後もしばらく粘ってみるが反応もなくなったので終了。今日も釣れて楽しかった。

そして予想外の魚が釣れてくる楽しさ、やっぱりショアジギングは面白い。

本日の反省

  1. ポイントの選定で、一昨日時点で大規模鳥山2日目なのにまた同じところに来てしまっている。ベイトは風や潮に流されることが多く、あれだけの規模であれば流された先では規模は小さくなってもまとまった数が釣れたはず…。4日も同じところに大規模鳥山は立たない…。
  2. 結局、同じポイントで粘ってしまった。朝一が渋い時点で移動していればもう少し釣れたかも。

でも、本当に楽しかったけどね。ダツとか初めて釣れたし、イナダも2匹釣れたし。鹿島灘に感謝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました