釣れました!今シーズン初の良型メバル26cm!_メバリング_2022/2/27

スポンサーリンク
いつも応援ありがとうございます!Amazonで買い物をする際は、このリンクを通っていただけたら本当に嬉しいです! モチロンこのリンクを通っても商品金額に違いはありません。 よろしくお願いします。<(_ _)>
ルアー釣り

こんにちは。TAKASEAです。

今回もメバルを求めて行ってきました。今シーズン初の良型を釣ることができたのでその時の様子を書いていきます。

ベタ凪のメバリング日和_ポイント1箇所目

昼間、子供と遊んでいた時は爆風でしたが、夜になってみると予報通り穏やかな感じに。子供を寝かして、21時過ぎに家を出ます。

ポイントは何処にしようか迷ったものの、コンディションの良い日に実績ポイントに行けば釣れる気はするものの、ポイント開拓が進まない…。

なので1箇所目はデカメバルが釣れると聞くものの釣れたことはない大洗の磯に。着いたのは23時頃でした。

岩礁帯が広くて細かいポイントが絞り込めないので取り敢えず安全そうなところでやってみます。潮溜まりにハゼの様な小魚はいましたが、それ以外の魚の雰囲気はありません…。いるとは思うんですけどね。苦笑

潮溜まりも結構深いものもあって注意しないとまた転けそうです。笑

根が海面から出ているのがよく見えず根がかりして仕掛けを1つロストしました。ちょっと期待した仕掛けなので、こんな凡ミスで無くして情けない気持ちになります。

落ち込んでも仕方ないので、ガンシップ36Fで一通り探ってみますが反応がないのでポイントを変えることにしました。

ポイント2箇所目

2箇所目も初メバリングポイントを選びました!

何度も釣りに来ている港です。港には何度も来てはいるんですがメバリングでここのポイントに入るのは初めてです。ポイントCと呼びますかね。

港内ですが比較的潮通しの良いポイントで他の漁港でも似たところでメバルが釣れるのでいるんじゃないかなぁ、と思っていました。

ここの釣り場に着いたのは0時を過ぎました。タイドグラフをみると3:40が満潮なので3時位迄ならイケそうです。

初めてのポイントなので観察しながらやっていると、港のすぐ外にスナメリっぽい黒い1m位の丸い背中が時折浮いては沈みます。少しすると外洋の沖に向かって浮いたり沈んだりして帰ったみたいです。

ショアジギング でもスナメリが来ると釣れなくなるので嫌なんですが、『他の生き物だったらもっと嫌だなぁ…。』って思いながらもう少し内側に移動しました。動きといいスナメリ以外は考え難いですけどね。夜中に1人は少し怖いです。苦笑

するとパシャ、パシャっとライズがではじめました。

ライズが出ているのは20m位先です。

沖を照らさないように注意しながら足元をライトで照らすと、アミ?のような小さなモノが沢山います。『コレを食べてんのね〜。俗に言うアミパターンってやつかな。ならクリア系プラグで楽勝でしょ。笑』もらったつもりになってましたね。

そこから手を替え品を替えプラグを投げました。表層を中心にメバペン、ガンシップ36F反応がほぼありません…。少しレンジを入れてシンペンで探ったりしてみますがこれもダメです。

じゃあハネエビでダートさせれば釣れるんじゃない?ってやってみますが無反応…。アジアダープロも無反応…。

ここまで約2時間、反応が得られたのはガンシップ36Fレッドグリッターの超遅巻き、ハンドルを4秒で1回転位です。それも超ショートバイト…。掛けれませんでした。泣

ライズも少し減ってきました。

ふと『残り時間も少ないし、アミパターンを追うのをやめよう❗️もういいや‼️』っと思いました。

次に選んだのは信頼と実績のガルプ サンドワームです。

これを投げるとすぐにククッとアタリます。今度は速掛けで乗せることができました。バレないように巻いて、とりあえず釣れました。20cmのかわいいメバルです。

ライズは続いているので、すぐにリリースして次を狙います。

コースをずらして巻いてくるとグッと先程より重量感のあるアタリ。これも速掛けします。先程のより大きいようで少しドラグをだされます。『割と締めてるのにな…』と思いながら根に潜られないようロッドを立てて浮かせて無事にキャッチしました!

26cmの良型メバルです。今シーズン初のデカメバルです!取り敢えずバケツに入れてキープしました。

次を狙って投げますが、いつのまにかライズもなくなり後が続きませんでした。

キープはしたんですが少し痩せてる気がしたのと、楽しませてもらったのでリリースして釣行終了です。

今回の反省

ライズ多発と足元のアミ?のようなマイクロベイトに翻弄された釣行でした。

プラグではクリアのレッドグリッターで唯一アタリがあったので、これを漂わせて誘うのが正解なのかもしれません。

ただ、せっかちな私は巻かない釣りが凄く苦手です。待てないんですよね。笑

なので、プラグで一通り探って反応がないならポイントに合わせたワームが良いのかと思いました。

ここのポイントはバチの発生が多いと思います。とくれば、やっぱりガルプ サンドワームかなと。

ライズがあったのはちょうど2時間位の間でした。もっと早めにワームに切り替えていれば数釣りできたかもしれないと思うと悔やまれます。

次回はもっと釣れるように早い段階のルアーローテーションにワームも入れようと思いました。

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。ではでは、また。

バークレイ(Berkley) ワーム ガルプ! SWサンドワーム 2インチ G2SQSW2
従来比1.3倍の集魚力を誇る新フォーミューラ採用のNEW Gulp!の登場です。 人工餌の革命!『ガルプ!サンドワームシリーズ』のひとくちサイズの2インチ(5cm)!脚が48 本あり、思わずのけぞるほどリアルなシェイプ。 48本の足が水流を受け、魚好みの微波動を発します。 ボトムゲームだけでなく、流れにのせたドリフトも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました